タイトル左の写真

都心から2時間。日帰りで楽しめる富士五湖−中高年チャレンジ

 調布ICから中央道に乗ると、談合坂サービスエリアまで約1時間、そこから30分ほどで河口湖ICです。2時間ほどの所要時間で、東京から遊びに行くにはお手頃な距離といえます。中央道は八王子で、圏央道ともつながり埼玉方面からも便利です。
 河口湖、山中湖、西湖、精進湖(しょうじこ)、本栖湖を合わせて富士五湖と呼びますが、早くからリゾート地として開けたエリアです。とくに、河口湖と山中湖の2つの湖は周辺にも数多くの店舗があり、5月のGWから夏休み、紅葉の秋と多くの人出で賑わいます。キャンプや釣りといったアウトドア・スポーツも盛んで、西湖では近年「クニマス」という絶滅したと思われた魚が発見され大きな話題になりました。

素敵なレストランや日帰り
温泉もある富士五湖

 5つの湖に共通していえることが1つあります。それはどの湖からも富士山が見えることです。湖ごとに見える富士山の姿も異なり、写真マニアの方には絶好の撮影ポイントとなっています。山中湖や河口湖では、逆さ富士やダイヤモンド富士を狙い、たくさんのカメラマンが集まります。
 旧5千円札や現在の千円札の絵は本栖湖から見た富士山の姿です。

富士山へと続く富士スバルラインには「メロディ・ライン」があります。車で走ると、「♪頭を雲の・・・」という富士山の歌が聞こえます 富士山へと続く富士スバルラインには「メロディ・ライン」があります。車で走ると、「♪頭を雲の・・・」という富士山の歌が聞こえます

 はじめて富士五湖に行くなら、河口湖がおすすめです。ICからも近く、湖の周辺には数多くの店が並びます。ICの出口から見える遊園地は富士急ハイランドで、絶叫系のマシンでは日本一といっていいでしょう。
 湖の周りには、山梨宝石博物館やアルプスの少女ハイジをテーマにしたレストラン「ハイジズガーデン」などもあります。変わったところでは、猿回し劇場もあります。
 河口湖は釣りをする方には、ブラックバスの釣場として有名で、休日には多くの人がボートでの釣りを楽しみます。
 富士五湖は移動のことを考えると、どうしても車での観光がおすすめです。電車やバス利用などもありますが、やはり時間的にかなり厳しくなってしまいます。それなら、バスでの観光ツアーがけっこうあるのでそちらを利用するほうがいいでしょう。

河口湖にあるハイジズガーデンです。イタリア料理のレストランとカフェが、芝生の庭を見ながら気軽に楽しめます 河口湖にあるハイジズガーデンです。イタリア料理のレストランとカフェが、芝生の庭を見ながら気軽に楽しめます ハイジズガーデンというくらいなので、ハイジに出てくるヨーゼフが庭に住んでいます ハイジズガーデンというくらいなので、ハイジに出てくるヨーゼフが庭に住んでいます

クジラの形をした山中湖

 山中湖は富士五湖で最大の湖で、ちょうどクジラの形をしています。平野エリアがクジラの尻尾にあたります。河口湖と並び、富士五湖の中では人気があります。
 湖の東側、平野あたりから見る逆さ富士が有名です。また、「KABAバス」と呼ばれる水陸両用のバスが登場して人気を集めています。
 レストランやカフェはもちろん、山中湖には「山中湖文学の森」があり、三島由紀夫文学館や徳富蘇峰文学館があります。レンタサイクルがあり、サイクルロードも整備されているので、自転車を使っての観光もおすすめです。
 山中湖と合わせて楽しみたいのが、近くにある忍野八海です。富士山からの伏流水が溢れているところで、清冽な水が美しい景色を作り出しています。水車やソバ店などがあり、昼食時に立ち寄るのもいいかもしれません。忍野八海の中ではありませんが、少し離れて坂道を登ったところにある天祥庵というそば店は有名で、そば通も通う店です。忍野八海の周辺に看板が出ているので、目に付くと思います。
 もうひとつ、山中湖でおすすめの場所は「紅富士の湯」。名前のとおり、富士山を見ながら入れる日帰り温泉です。
 毎年、10月から3月頃までの土日には朝6時頃から営業していて、天気が良ければそれこそ朝日の当たる紅富士が見られます。温泉好きにはたまらないと思います。

山中湖文学の森公園です。三島由紀夫の展示では日本一といえます。三島由紀夫ゆかりの品や直筆原稿など、貴重な資料が展示されています 山中湖文学の森公園です。三島由紀夫の展示では日本一といえます。三島由紀夫ゆかりの品や直筆原稿など、貴重な資料が展示されています

クニマスで話題の西湖

 クニマスは約70年ほど前に秋田県の田沢湖で絶滅して以来、姿を見せませんでした。ところが、絶滅する直前に西湖に移入されたクニマスが延々と、西湖の湖底で静かに暮らしていたことがわかりました。
 クニマスは、水深の深いところに棲み、水温が4℃という冷たい水で産卵する変わった鮭鱒類です。その名のとおり、繁殖期には黒っぽくなり、近縁のヒメマスとはあきらかに異なった姿になります。
 西湖はもともとヒメマス釣りでよく知られていましたが、クニマスの発見で注目を集めています。現在では、クニマスの産卵エリアと思えるところは禁猟区になっています。
 西湖は南岸沿いが青木ヶ原樹海になる静かな湖ですが、コウモリ穴、鳴沢氷穴、いやしの里根場、温泉いずみの湯などの観光スポットがあります。また、キャンプ場が何か所かあり、電源を完備したオートキャンプ場もあります。
 湖岸沿いの道路には、それほど多くはありませんがレストランやカフェなどがあります。カップルでのデートには、おすすめです。

ちょうど写真の正面が青木ヶ原樹海になります。西湖は静けさを楽しむには、ぴったり。クニマスは約70mの湖底近くにじっと潜んでいました ちょうど写真の正面が青木ヶ原樹海になります。西湖は静けさを楽しむには、ぴったり。クニマスは約70mの湖底近くにじっと潜んでいました
精進湖と本栖湖

 西湖から、本栖湖へ向かうと間にあるのが精進湖です。「しょうじんこ」と読んでしまいそうですが「しょうじこ」と読みます。
 富士五湖で一番小さな湖ですが、その分訪れる人も少なく静かです。湖の北側に行くと富士山がよく見え、他の湖とはまた違った趣の姿が楽しめます。
 精進湖には、あまり知られていませんが「中ノ湖」と呼ばれる、もうひとつの湖があります。精進湖の水位により大きさは変化しますが、岩のあいだにできる変化に富んだ小さな湖です。湖の西側になり、車を降りて岩場のようなところを少し歩きます。
 精進湖から少し進むと右側に本栖湖があります。本栖湖と精進湖、西湖は常に水位が同じであるため、地下では溶岩を通じ水の行き来があると考えられています。
 本栖湖は日本でも透明度の高さがベスト10に入る美しい水質が自慢です。
 湖の周辺も建物自体がそれほど多くなく夏休み以外は静かです。それだけ自然がよく残されていると言え、朝に夕に富士山が美しい姿を本栖湖に落としてくれます。
 ウインドサーフィンやフライフィッシングを楽しむ人が多く、シーズンにはキャンプ場も賑わいます。 (2012-11月)

【富士五湖 Photo Guide】
河口湖から見た、富士山です 河口湖から見た、富士山です 山中湖から見た、富士山です 山中湖から見た、富士山です
西湖から見た、富士山です 西湖から見た、富士山です 精進湖から見た、富士山です 精進湖から見た、富士山です
本栖湖から見た、富士山です 本栖湖から見た、富士山です 忍野八海から見た、富士山です 忍野八海から見た、富士山です
【スポンサードリンク】

 
中央写真

山中湖に近い、花の都公園です。広い花畑には四季おりおりの花が植えられています。背景に富士山を入れた素敵な写真が撮れます。写真は、駐車場前の無料のエリアから撮影したものです。有料の公園内には、温室や滝がありますが撮影をするなら無料エリアがおすすめです

中央写真

パノラマ台から見た富士山です。山中湖の平野地区から車で10分ほどです。パノラマ台へと続く道は、相模湖方面へとつながる道志道と間違えやすいので、注意してください。右に見える湖面は山中湖です。パノラマ台から見ると、山中湖がクジラの形に似ているのがよくわかります

中央写真

現在では一般的に「富士五湖」と呼ばれますが、昔は四尾連湖(しびれこ)、駿河の浮島沼に写真の明見湖を加えて、「富士八湖」と呼ばれたこともあります。明見湖は富士山登山の前に、身を清めるための禊場(みそぎば)として大切にされてきました。公園として整備されていて、夏には蓮の花が美しく咲く、ちょっとした穴場となっています
富士五湖など、山梨エリアをめぐるのに便利なiPhoneやスマートフォン用のアプリケーションを見つけたので紹介しておきます。500か所以上の観光スポットが紹介されています。
★ipone用の山梨便利アプリをダウンロード★
★アンドロイド用の山梨便利アプリをダウンロード★

山中湖の紅富士の湯です。富士山を見ながら露天風呂が楽しめます 山中湖の紅富士の湯です。富士山を見ながら露天風呂が楽しめます 山中湖の平野地区から道志道を少し行くと石割れの湯があります 山中湖の平野地区から道志道を少し行くと石割れの湯があります
忍野八海のある忍野村にはさかな公園があります 忍野八海のある忍野村にはさかな公園があります 富士五湖に棲む魚を中心に展示されています 富士五湖に棲む魚を中心に展示されています
2011年に富士急の富士吉田駅が富士山駅に名前を変えました 2011年に富士急の富士吉田駅が富士山駅に名前を変えました 富士山と鯛を組み合わせためでたいたい焼きを売っています 富士山と鯛を組み合わせためでたいたい焼きを売っています
【スポンサードリンク】

中高年のチャレンジ目次

【素敵な中高年】

【中高年の幸せ発見】

【中高年の生涯学習】

【中高年の海外旅行】

【中高年の国内旅行】

【中高年に人気の街】

【中高年のマネーライフ】

【中高年の楽しい住まい】

【中高年のデジタルLIFE】

【中高年の趣味LIFE】

【中高年の車・バイク】

【懐かしい昭和の広告】

【中高年の学習】

【中高年の健康】

【中高年の食LIFE】

【その他】