タイトル左の写真

ゆったり楽しみたい京都−中高年チャレンジ

 しっとりとして落ち着いた雰囲気の旅行が楽しめるのが京都です。
 中高年の京都旅行は、あまりぎっちりしたスケジュールではなく、ゆったり目の時間で回るのがコツです。ひとつの寺や神社に時間をかけて、昔の姿を想像しながら歴史を楽しんでください。食事も京都らしさのある店を選んで、ちょっと贅沢をしてみるのもいいかもしれませんね。時期的には、紅葉の楽しめる秋から初冬にかけてが京都の観光シーズンですが冬や春の京都にも魅力がいっぱいあります。夏はかなり暑いので、あまりおすすめできません。

中高年に人気がある
定番の京都旅行です

 中高年シニアの年齢になると、なぜか落ち着いた雰囲気の旅行先が恋しくなります。
 京都の魅力は何回足を運んでもその度に新しい発見があることでしょうか。最近では銘庭のある個人宅が、期限付きで公開されたりする場合もあります。

お寺の窓 寺や庭を尋ねた際に庭が見える窓が切ってあったら、必ず少し離れた距離からのぞいてみましょう。その窓から見える庭の姿は、庭の美しい部分が切り取られているはずです。また、庭園などを回った際には池のほとりなどに足を止めやすい平らな石があります。そこもお庭のビューポイントになっています。庭の見える建物に床の間があった場合には、床の間の上座から見たお庭がもっとも美しい姿に作られています。初歩的なお庭などの鑑賞技術ですが覚えておくと役に立ちます。カメラの好きな人にとっては、撮影ポイントにもなります

 金閣や銀閣、清水といった名所から、最近では山県有朋邸(無鄰庵)なども人気があります。
 無鄰庵について少しだけ触れると、お庭の真ん中には深さが3-4cmほどの池があります。なぜこんな池があるかというと、さほど広くはない庭(とはいっても普通の人には大きな庭ですが)を広く見せるためです。浅い池には鏡のように空が写りこみ、広さを演出しているのです。作庭は7代目小川治兵衛だったと思いますが、さすがに名庭師と言われる見事なお庭です。
 街中を歩いていても、思わぬところに京都の魅力を見つけられます。道に迷うことを気にしないで、路地を曲がってみるのも京都観光の一つの方法ですね。

京都はお菓子の美しいことでも知られています。特徴はやや小ぶりで、上品な甘さです。加賀百萬石の金沢の和菓子と比較するとよくわかります 京都はお菓子の美しいことでも知られています。特徴はやや小ぶりで、上品な甘さです。加賀百萬石の金沢の和菓子と比較するとよくわかります

 京都では食事も楽しみの一つです。予算があればちょっと贅沢をしてみたくなります。
 京都の老舗の料亭や食事どころは、予約をしておくと安心です。たいていの場合、予約客にはいい席を確保してくれます。

平等院 平等院です。銀閣や金閣、清水寺、二条城など、京都観光はとても1日では回りきれません。中高年の京都めぐりは、無理をして急いで回るのではなく、次のために取っておくぐらいの余裕がほしいですね 京都のコーヒー 「珈琲ブルース」という歌にも出てくる、イノダコーヒをはじめ、京都には素敵な喫茶店がたくさんあります。ちょっと疲れたら、そんなお店でひと休みしてください
【京都 Photo Guide】
平等院の入り口です。人気の観光ポイントです 平等院の入り口です。人気の観光ポイントです 平安神宮の奥の神苑は有名な作庭師、小川治兵衛の作です 平安神宮の奥の神苑は有名な作庭師、小川治兵衛の作です
紅葉のシーズンが、京都の観光シーズンです 紅葉のシーズンが、京都の観光シーズンです 一番賑やかな四条河原町通り周辺です。市電の利用が便利です 一番賑やかな四条河原町通り周辺です。市電の利用が便利です
【スポンサードリンク】

 
中央写真

金閣寺です。三島由紀夫の小説にもなりましたが、昭和25年に放火により国宝金閣(舎利殿)と安置されていた仏像等を焼失してしまいました。現在の建物は創建当時の姿に復元されたものです

【スポンサードリンク】

中高年のチャレンジ目次

【素敵な中高年】

【中高年の幸せ発見】

【中高年の生涯学習】

【中高年の海外旅行】

【中高年の国内旅行】

【中高年に人気の街】

【中高年のマネーライフ】

【中高年の楽しい住まい】

【中高年のデジタルLIFE】

【中高年の趣味LIFE】

【中高年の車・バイク】

【懐かしい昭和の広告】

【中高年の学習】

【中高年の健康】

【中高年の食LIFE】

【その他】