タイトル左の写真

中高年のバリ島旅行

 ゆったりと1カ所に長くいる、のんびり海外ツアーが人気です。
 なかでも古くからリゾート地として開発された、インドネシアのバリ島旅行は、価格が安いのと島の雰囲気がいいので注目されています。宿泊施設も1泊数万円以上もする超高級コテージから、数千円ですむ格安な宿まで豊富にそろっています。予算に合わせたツアーが豊富に選択できるのが魅力ですね。大きく分けると海側と山側になりますが、どちらかというと若者は海側、年配者は山側を選ぶことが多いようです。なにもしない、贅沢な時間が過ごせる島です。

のんびりと楽しむバリ島

 以前からリゾート地として、各国の人に親しまれてきたのがバリ島です。
 ですから、ホテル、レストランなどの設備も整っていて過ごしやすいのが特徴です。「ブルガリホテルズ・バリ」「アマンキラ」など1泊数万円以上の「超」の付く高級ホテルもありますが、一般的なホテルでも十分にリッチな気分が味わえます。

バリ島の山側ではのんびりした風景に囲まれてすごせます バリ島の山側ではのんびりした風景に囲まれてすごせます

 バリ島旅行では、のんびりした気分で1日を過ごすのがおすすめです。気ままに散歩をしたり、昼寝を楽しんだりと、時計が止まったような中でのリゾート気分を存分に味わってください。
 ホテルやレストランのランチめぐりなども楽しいですね。その他にも、スパやバリ式のマッサージなどが女性に人気です。

バリ島のみやげ物はほとんどが手作りです。驚くほど価格が安いので買いすぎに注意してください バリ島のみやげ物はほとんどが手作りです。驚くほど価格が安いので買いすぎに注意してください

 バリ島旅行の人気が高いのは、リゾート地としての歴史が長いので治安が安定していることも大きな要因です。女性や年配者だけでも、安心して歩けるところがほとんどです。
 また、レンタカーやレンタルバイクなどもあるので、ちょっとした島内観光に気軽に利用できます。

バリ島は10月-3月の雨期と4月-9月の乾季に分かれています。ただし、雨期とはいっても1日に2-3時間のスコールがあるだけで、気温は24度-30度ほどと一定しています。チョウなどの昆虫や花も、島のいたるところで見られます バリ島は10月-3月の雨期と4月-9月の乾季に分かれています。ただし、雨期とはいっても1日に2-3時間のスコールがあるだけで、気温は24度-30度ほどと一定しています。チョウなどの昆虫や花も、島のいたるところで見られます レストランも安いところなら、オープンというより小屋のような作りのところが多くなります。もちろん、豪華な作りのホテルのレストランなどもありますが、小さいところのほうが馴染めるような気がします レストランも安いところなら、オープンというより小屋のような作りのところが多くなります。もちろん、豪華な作りのホテルのレストランなどもありますが、小さいところのほうが馴染めるような気がします
【中高年のバリ島旅行 Photo Guide】
青い空と白い雲を眺めながら、1日が過ぎていきます 青い空と白い雲を眺めながら、1日が過ぎていきます 日本の食材などもバリ島に入っています 日本の食材などもバリ島に入っています
ニワトリもバリ島ではのんびりと歩いています ニワトリもバリ島ではのんびりと歩いています バリ島の女性です。美しさが目を引きます バリ島の女性です。美しさが目を引きます
【スポンサードリンク】

 
中央写真

日本の農村風景とも似ていて親しみを覚えます。箕の被り方やタオルの巻き方なども、日本とそっくりですね。バリ島の人々は、気持が優しく生き物を大切にします

【スポンサードリンク】

中高年のチャレンジ目次

【素敵な中高年】

【中高年の幸せ発見】

【中高年の生涯学習】

【中高年の海外旅行】

【中高年の国内旅行】

【中高年に人気の街】

【中高年のマネーライフ】

【中高年の楽しい住まい】

【中高年のデジタルLIFE】

【中高年の趣味LIFE】

【中高年の車・バイク】

【懐かしい昭和の広告】

【中高年の学習】

【中高年の健康】

【中高年の食LIFE】

【その他】