タイトル左の写真

中高年の電動自転車

 もともと自転車はもっとも手軽な乗り物といえるものでした。そこに、坂道でも楽々登れる、電動アシスト機能が付いた自転車が登場しました。一般的に、電動自転車と呼ばれているタイプです。
 初期の頃は、バッテリーの充電容量が小さくすぐに充電しなければならなかったようですが、現在では充電容量の大きいリチウム電池タイプの電動自転車もあり、かなりの距離を乗りこなせます。電動のON・OFFも可能なので、運動不足になりがちな中高年シニアの方には、ぜひおすすめしたいツールと言えます。電動自転車が1台あると、それだけで買い物や散歩といった、活動エリアも広がります。

中高年の電動自転車

 電動自転車の一番大きな特徴が、坂道が苦にならないことです。普通の自転車では、どうしても億劫になってしまう坂路でも電動自転車なら「電動アシスト」と呼ばれる機能が作動して、ラクラクと登ることができます。
 重い荷物を荷台に乗せた際にも、電動自転車なら気になりません。ペダルを漕ぐ際に一定以上の負荷がかかると、電動アシスト機能で自動的に負荷を軽減してくれます。

サドルの位置を低く設定することができます サドルの位置を低く設定することができ、「チューブ」と呼ばれるフレームの足でまたぐ部分が低いモデルが中高年シニアの方にはおすすめです。緊急時に、すぐに足を接地することができます。また、サドルが低いことは、万一の転倒時にもぶつけた腰や腕などに与える衝撃が小さくて済みます

 もうひとつ、電動自転車を中高年シニアの方におすすめしたい理由の一つが、普通の自転車に比べ安全な点です。
 例えば、夜道を無灯火の自転車で走ることは大変危険なことです。車から自転車は見えにくく、スピードも早いので事故が多くなります。黒い服を着て無灯火や小さなライトで、自転車を走らせるのは相当な危険を背負いこむことになります。
 この点、電動自転車には、強力なライトと反射材が装備されているものが多く安心です。
 また、電動自転車をよく見ると分りますが、サドルの位置が低いことも安全な点です。これは、なにかのトラブルで転倒したときに、足が付きやすい、身体に与える衝撃が少ないといったことにつながります。坂道などでも、身体を乗り出してペダルを漕ぐ必要がないので緊急時にはすぐに止まれ、足を付くことができます。

大型の買い物カゴ 電動自転車は普通の自転車に比べ、フレームも丈夫なので大型の買い物カゴでも安定しています。カゴに荷物が入り、重くなっても電動アシスト機能でペダルは軽いままです

 もちろん、電動自転車にも変速ギアが付いているタイプがほとんどです。ちょっと運動をしたいな、と思った時などは電動アシスト機能をOFFにして、適度な負荷を身体にかけて運動することができます。
 最後に注意しておきたいのが、盗難についてです。電動自転車は、普通の自転車に比べ価格の高いものも多くなります。必ず2個以上のカギを使用することをおすすめします。カギを2つにすることは、1つのカギの場合に比べ想像以上に防犯効果があります。

2つ目のカギです 盗難防止に欠かせないのが2つ目のカギです。丈夫なものを選んでください 大型のスーパー 大型のスーパーなどにある自転車コーナーなら、いろいろなタイプのカギを売っています
【中高年の電動自転車 Photo Guide】
変速ギア 変速ギアでペダルにかかる負荷を調節することができます 電動アシスト機能のパネル 電動アシスト機能のパネルです。ON・OFFなどの設定ができます
リチウム電池のBOX リチウム電池のBOXです。電池容量が大きいのが魅力です 強力なヘッドランプ 強力なヘッドランプと大型の反射板を装備しています。目立ちます
【スポンサードリンク】

 
中央写真

リチウム電池タイプの電動自転車です。ペダルの上の部分の箱のようなものがバッテリーになります。リチウム電池の特徴は、蓄電容量の大きいことと低温下でも電池がドロップしないことです。今後の電池の主役になると思いますが、価格がやや高いのが難点です。写真の電動アシスト自転車は、パナソニック製です。パナソニックはナショナルブランドで早くから、リチウム電池を釣り用などの用途で開発していました

【スポンサードリンク】

中高年のチャレンジ目次

【素敵な中高年】

【中高年の幸せ発見】

【中高年の生涯学習】

【中高年の海外旅行】

【中高年の国内旅行】

【中高年に人気の街】

【中高年のマネーライフ】

【中高年の楽しい住まい】

【中高年のデジタルLIFE】

【中高年の趣味LIFE】

【中高年の車・バイク】

【懐かしい昭和の広告】

【中高年の学習】

【中高年の健康】

【中高年の食LIFE】

【その他】