タイトル左の写真

中高年のコーヒー

 朝はどうしてもコーヒーがないと、という中高年シニアの方も多いのではないでしょうか。コーヒーには頭をすっきりさせる効果や胃腸の働きを活発にする作用、利尿効果などが確認されています。
 中高年シニアの方におすすめのコーヒーはやはり本格的なネルドリップやペーパードリップの珈琲です。缶コーヒーやインスタントコーヒーはちょっと別物として考えた方がいいと思います。淹れたてを無糖で飲んでいる限りは、コーヒーは胃に負担をかけることも少なく、健康にもプラスに作用する飲み物です。100ccほどのコーヒー1杯のカロリー値も8程度ですからほとんど気になりません。

中高年のコーヒー

 コーヒー好きの方はご存知だと思いますが、おいしいコーヒーには無糖でもほんのりした甘みがあります。とくにブルーマウンテンはこの甘みが強いことと香りが高いことで、人気があります。

ペーパードリップで入れる場合、豆を入れる前に湯通しするとペーパーの匂いがなくなります ペーパードリップで入れる場合、豆を入れる前に湯通しするとペーパーの匂いがなくなります

 1杯を大切にして飲みたい中高年のコーヒーライフでは、煎りたて、挽きたて、淹れたての3つを大切にしてください。
 自宅にコーヒーミルがある場合には、ある程度豆をまとめて買って冷凍庫に入れておいてもいいですが、挽いた豆を購入する場合には100g程度、1週間ほどで飲みきってしまう量にしておくと、おいしいコーヒーが飲めます。
 大手のコーヒーメーカー品でもいいですが、個人店の自家焙煎珈琲店なら、挽きたてが手に入れやすくなっています。

お湯を注ぎやすいように、粉の中央に軽くヘコミを作るとうまく淹れられます お湯を注ぎやすいように、粉の中央に軽くヘコミを作るとうまく淹れられます

 淹れたてを飲むことも大切で、最近ではファミリーレストランなどでもコーヒーは30分ほどで処分してしまうほどです。
 もう一つ大切なのが、豆選びなんですがこれは好みの問題もあります。一般的にはモカベースのブレンドの人気が高いようです。
 ちょっとおすすめしたいのが、やや軽めの焙煎のコーヒーです。コーヒーというとなぜか炭のように真っ黒に煎られた豆を重宝する傾向がありますが、ナチュラルな焙煎のコーヒーもおすすめです。苦味がそれほど強くなく、香りが高く朝起きがけに何杯も飲むには適していると思います。試してみてください。
※注 モカ イエメンにある港町の名前です。この港からヨーロッパ向けに初めてコーヒー豆が入って行きました。お隣りのエチオピア産も「モカ」と呼ばれますが、イエメン産を「モカ・マタリ」、エチオピア産を「モカ・ハラー」と呼び、区別しています。強い酸味と香りの良さが特徴です。

カップにもこだわってコーヒーを味わってみてください。ヘレンドやマイセン、リチャードジノリなどオシャレなカップがたくさんあります。美味しく飲むには、厚みのないものがおすすめです カップにもこだわってコーヒーを味わってみてください。ヘレンドやマイセン、リチャードジノリなどオシャレなカップがたくさんあります。美味しく飲むには、厚みのないものがおすすめです
【中高年のコーヒー Photo Guide】
人気の高いモカのやや深煎りの豆です 人気の高いモカ(※注)のやや深煎りの豆です ブレンドに欠かせないコロンビアの中煎りです ブレンドに欠かせないコロンビアの中煎りです
ネルドリップ珈琲には独特のトロ味と甘みがあります ネルドリップ珈琲には独特のトロ味と甘みがあります 1杯分は10グラム前後が標準とされています。60粒ぐらいです 1杯分は10グラム前後が標準とされています。60粒ぐらいです
最近ではサイフォン式でコーヒーを淹れるところが少なくなりました 最近ではサイフォン式でコーヒーを淹れるところが少なくなりました カフェオレなどのバリエーションコーヒーも人気があります カフェオレなどのバリエーションコーヒーも人気があります
【スポンサードリンク】

 
中央写真

ペーパードリップでも、豆が新しいと泡が盛り上がり香りが立ってきます。購入したばかりなのに、泡のあまりでない豆は避けた方が無難です

【スポンサードリンク】

中高年のチャレンジ目次

【素敵な中高年】

【中高年の幸せ発見】

【中高年の生涯学習】

【中高年の海外旅行】

【中高年の国内旅行】

【中高年に人気の街】

【中高年のマネーライフ】

【中高年の楽しい住まい】

【中高年のデジタルLIFE】

【中高年の趣味LIFE】

【中高年の車・バイク】

【懐かしい昭和の広告】

【中高年の学習】

【中高年の健康】

【中高年の食LIFE】

【その他】