オシャレのための
色彩名メモ帳

 人間の目で見分けられる色は750万色とも1000万色とも言われています。オシャレな洋服などの重要なポイントになる色には、さまざまな名前が付けられています。歴史的な背景を持った名前や、個人名が冠された色名など、その名前の由来も一様ではありません。
 “色の詩人”と言われた明治大正の文豪、徳富蘆花(とくとみ ろか)の「自然と人生」には「ブルシアンブルー」「インジゴー」などの色名が出てきます。「色彩名メモ帳」では、中高年世代の育った、昭和30年代にある程度一般的に英名で呼ばれていた色の名前をリストにしてみました。
 現在では名前そのものが変化したものもあると思いますが、昭和の色に関する表現を理解するのに役に立つと思います。昭和30年代といえば、日本でも繊維産業が盛んなころです。外国で生まれた色が日本の繊維産業にいち早く取り入れられ庶民の間に広がっていったのは想像に難くありません。その後の日本の発展を考えると、オシャレな色の多さと豊かさはどこかで比例するのかもしれませんね。当時の繊維産業の中心とも言える名古屋で昭和35年に発行された、うれすじ色彩研究会の「NEW JAPAN COLOUR DICTONARY」を参考にしました。

A
で始まる色名
B
で始まる色名
C
で始まる色名
D
で始まる色名
E
で始まる色名
F
で始まる色名
G
で始まる色名
H
で始まる色名
I
で始まる色名
J・K
で始まる色名
L
で始まる色名
M
で始まる色名
N・O
で始まる色名
P
で始まる色名
Q・R
で始まる色名
S
で始まる色名
T
で始まる色名
U・V
で始まる色名
W・Y・Z
で始まる色名