タイトル左の写真

中高年のインスタントドリップコーヒー

 眠気覚ましや気分転換に欠かせないのが、カフェインを適度に含んだコーヒーです。
 粒状のインスタントに変わって、最近注目されているのが1杯づつ分封されているタイプのドリップコーヒーです。以前は1杯が100円以上もするインスタントドリップコーヒーがほとんどでしたが、最近では1杯あたりが20円を切るものも出てきて、注目を集めています。コーヒーサーバーで落としたコーヒーはどうしても時間が経つと酸化が進み不味くなってしまいます。その点、1杯づつ入れるインスタントドリップは、お湯さえあれば手軽にいれたての美味しさが味わえます。

中高年のインスタント
ドリップコーヒー

 よくコーヒーは胃に負担をかけるといいますが、入れたてのコーヒーはそんなことはありません。時間が経ち酸化の進んだコーヒーでなければ安心して何杯でも飲めます。
 その点で、インスタントドリップコーヒーはそのつど1杯づつ入れるので、美味しさと健康面でもおすすめです。

こだわりの「ダブル焙煎」で1杯20円を切った価格がうれしいですね。ダブル焙煎とは1回目の焙煎で、豆の湿度を均一化してさらにもう一度焙煎をする、手の込んだ方法です。きっとコーヒー好きの人が開発したのだと思います こだわりの「ダブル焙煎」で1杯20円を切った価格がうれしいですね。ダブル焙煎とは1回目の焙煎で、豆の湿度を均一化してさらにもう一度焙煎をする、手の込んだ方法です。きっとコーヒー好きの人が開発したのだと思います

 インスタントドリップコーヒーは、以前からありましたが1杯が100円以上もするものが多く、割高感がありました。しかし、最近では1杯が20円を切るものや40円程度のものなど、さまざまなタイプが登場しています。
 豆の種類もオリジナルブレンドだけではなく「モカ」「キリマンジャロ」といったおなじみのストレートコーヒーも選べるようになりました。

こちらは価格は少し高くなりますが、1杯づつ分封されているインスタントドリップコーヒーです。豆の種類が選べるところが魅力です こちらは価格は少し高くなりますが、1杯づつ分封されているインスタントドリップコーヒーです。豆の種類が選べるところが魅力です

 種類の多いインスタントドリップタイプのコーヒーですが、それぞれに特徴のあるところが、カップへ載せる部分のつくりの違いと、分封方法です。
 1杯20円を切るものは、20杯分がまとめて袋に入れられていますが、1杯が30〜40円のものは、1杯分づつが分けて袋に入っています。香りや味を確かめながら、好みに合ったインスタントドリップコーヒーを探してみてください。

コーヒー豆の種類は、ブルーマウンテン、ブラジル、コロンビア、モカなどよく知られているものの他にも100種類以上があります。しかし、大きく分けると、アラビカ種とロブスター種の2種類になります。一般的には、アラビカ種が多くなります コーヒー豆の種類は、ブルーマウンテン、ブラジル、コロンビア、モカなどよく知られているものの他にも100種類以上があります。しかし、大きく分けると、アラビカ種とロブスター種の2種類になります。一般的には、アラビカ種が多くなります
【中高年のインスタントドリップコーヒー Photo Guide】
カップのふちに豆の入った袋をセットします カップのふちに豆の入った袋をセットします お湯を注ぐだけで、かんたんに淹れたてのコーヒーが出来上がります お湯を注ぐだけで、かんたんに淹れたてのコーヒーが出来上がります
本格的なペーパードリップです。道具が必要になります 本格的なペーパードリップです。道具が必要になります ネルドリップは、技術とネルが必要になります ネルドリップは、技術とネルが必要になります
【スポンサードリンク】

 
中央写真

キリマンジャロブレンド、マイルドブレンド、スペシャルブレンドの3種類があります。それなりに味が違うので、飲み比べてみてください

【スポンサードリンク】

中高年のチャレンジ目次

【素敵な中高年】

【中高年の幸せ発見】

【中高年の生涯学習】

【中高年の海外旅行】

【中高年の国内旅行】

【中高年に人気の街】

【中高年のマネーライフ】

【中高年の楽しい住まい】

【中高年のデジタルLIFE】

【中高年の趣味LIFE】

【中高年の車・バイク】

【懐かしい昭和の広告】

【中高年の学習】

【中高年の健康】

【中高年の食LIFE】

【その他】