タイトル左の写真

中高年のジーンズ

 ジーンズファッションもすっかり中高年シニアの間で定着してきました。ジーパンやデニムと呼ぶ方も多いようですが、やはりジーンズといったほうがおしゃれな気がしますね。
 以前は、ジーンズはゴワゴワしたものが多く、元々が作業着なのでひたすら丈夫な製品が多かったと思います。ところが、ファッション製品のひとつとして認知されてからは、さまざまな色のカラージーンズや柔らかく伸びる素材を使用したジーンズなども生まれてきました。最近では、防寒に配慮した裏付きや発熱素材を織り込んだジーンズも登場して人気を集めています。

シニアのジーンズ

 ジーンズが初めてという方は少ないと思いますが、まずは定番のブルージーンズや黒を選ぶと間違いがありません。
 上着にどんな色を持ってきても合います。さらに汚れも付きにくく、気軽なファッションとしておすすめです。
 他のズボンと異なり、ジーンズは洗えば洗うほど風格がでてくるのも特徴です。中には、新品の時からわざわざ洗ったように見せているジーンズもあります。

ファッションに敏感な女性は、最近では写真のような重ね着でジーンズを楽しんだりもしています ファッションに敏感な女性は、最近では写真のような重ね着でジーンズを楽しんだりもしています

 リーバイスやエドウイン、リーといった老舗のジーンズメーカー以外にも、ユニクロやエルエルビーン、エディ・バウアーなど多くのファッションメーカーがジーンズを出しています。
 形もいろいろありますが、中高年シニアにはスリムタイプの細いジーンズより、ストレートタイプのほうがおすすめです。
 さらに、身体を細目に見せたい場合には、濃い色のブルージーンズや黒を選ぶと全体が締まって見えます。ジーンズはたいていの場合、縦方向より横方向に縮む特性があるので、ウエスト周りがややゆったり目を選ぶことも大切です。
 このあたりは店員さんに相談して、確認しておくと安心です。
 また、後ろや前に刺繍の入ったデザインジーンズもあります。女性用に多くなりますが、これも選ぶ楽しみの一つと言えます。メーカーによっては、一般的なジーンズよりかなり高くなるものもあります。

アウトドア製品の「エディ・バウアー」なども価格が手頃で、程よい高級感のあるジーンズを扱っています。冬には裏付きジーンズなども店頭に並びます アウトドア製品の「エディ・バウアー」なども価格が手頃で、程よい高級感のあるジーンズを扱っています。冬には裏付きジーンズなども店頭に並びます

 ジーンズで大きく分かれるのが、前のところがファスナー止めかボタン止めかです。今ではファスナー止めが多くなりましたが、固めで厚手のジーンズではボタン止めが多くなります。
 これは、厚手で固いジーンズの場合縮みが大きく、ファスナーが使いづらいのでどうしてもボタン止めになってしまうからです。
 もうひとつジーンズの特性としてあまり知られていないのが、意外に涼しい履き物だということです。風通しが良く、夏でもあんがい涼しいのがジーンズの持ち味でもあります。
 ところが冬になると、寒さに弱いとしてジーンズは敬遠されがちでもありました。しかし近年では、裏を付けた温かいジーンズも増えてきました。新登場した発熱素材を織り込んだジーンズも人気があります。
 変わったところでは、日本らしく柿渋で染めたジーンズなどもあります。こういった、個性的なジーンズをうまく履きこなすのもおしゃれですね。
 選択の幅が広がったジーンズを、うまくファッションパターンの一つとして中高年ライフを楽しんでくださいね。

ジーンズの裾はやや長めがおすすめです。履く靴にもよりますが、あまり短いと足が短くカッコ悪く見えます ジーンズの裾はやや長めがおすすめです。履く靴にもよりますが、あまり短いと足が短くカッコ悪く見えます
【中高年のジーンズ Photo Guide】
夏ならジーンズにTシャツが定番のスタイルですね 夏ならジーンズにTシャツが定番のスタイルですね ある程度ぴっちりしたほうが、ヒップラインもきれいに見えます ある程度ぴっちりしたほうが、ヒップラインもきれいに見えます
ファスナー止めが今のジーンズでは一般的です ファスナー止めが今のジーンズでは一般的です 裏付きの冬でも温かいジーンズです。人気があります 裏付きの冬でも温かいジーンズです。人気があります
【スポンサードリンク】

 
ブルーと黒のジーンズ

ブルーや黒のジーンズがまずはおすすめです。そういえば、007シリーズの作者としても有名なジョン・ガードナーの書いた「マエストロ」という小説の主人公で、世界的な指揮者のマエストロ・ルイス・パッサウもかなりの年齢にかかわらずジーンズを愛用していたと記憶しています。もちろん「マエストロ」ですから、高級品ブランド品のジーンズだったと思いますが・・・

ボタン止のジーンズ

最近のジーンズは、とても“履きやす”なってしまいました。生地がジーンズのようなだけで、普通のパンツとあまり変わらない雰囲気です。もともと作業着として発達したジーンズですが、昔ながらのゴツゴツして厚くて最初は履きにくいジーンズは、たいていがジッパーの部分がボタン止になっています。これは、生地が厚くなると洗った際の縮が大きくなり、ジッパーではその縮みに適応できないからです。昔っぽい、硬いジーンズの好きな方はボタン止のジーンズを探してみてください

【スポンサードリンク】

中高年のチャレンジ目次

【素敵な中高年】

【中高年の幸せ発見】

【中高年の生涯学習】

【中高年の海外旅行】

【中高年の国内旅行】

【中高年に人気の街】

【中高年のマネーライフ】

【中高年の楽しい住まい】

【中高年のデジタルLIFE】

【中高年の趣味LIFE】

【中高年の車・バイク】

【懐かしい昭和の広告】

【中高年の学習】

【中高年の健康】

【中高年の食LIFE】

【その他】