タイトル左の写真

ホロヴィッツの来日プログラム−中高年チャレンジ

 バブルと呼ばれた時代、日本には多くの外人演奏家やオーケストラが来ました。カラヤンやベームはもちろん、1989年に東京・渋谷にできたオーチャードホールのコケラ落としでは、ジュゼッペシノーポリの指揮で門外不出と言われていたバイロイト音楽祭の引越し公演が行われたほどです。
 そんな中にあって、ただ一人日本に呼ぶのは「不可能」と言われていたのがウラジミール・ホロヴィッツでした。なにしろ飛行機に乗るのが大嫌い、年齢的にも80歳を過ぎわざわざ日本に来るはずがないと思われていたのでした。そのホロヴィッツが突然、日本に来たのが1983年。管理人が思うには、ホロヴィッツをどうしても日本に呼びたいという、サントリーの佐治敬三さんの熱意が実を結んだのではないでしょうか。

チケットの発売

 「ホロヴィッツ来日」のニュースは、クラシック音楽のファンだけではなく、社会的にも話題になりました。新聞などでは発売前からチケットを求めて売り場に並ぶ人たちの姿が掲載されたりしました。とくにチケットが5万円と高額なところが取り上げられ、「熱狂的なファン」という表現が多かったように記憶しています。
 日本で一番クラッシクレコードが売れる(当時)、銀座の日本楽器にも行列ができましたが、たしか販売枚数の割り当ては数十枚程度だったと思います。

東京・渋谷のNHKホールです。クラッシクの演奏会にはあまり向いていないホールですが、渋谷から来るとちょうど坂をあがったところに「ポッ」と演奏会場の灯りが見えます。この風情はなかなか情緒があります 東京・渋谷のNHKホールです。クラッシクの演奏会にはあまり向いていないホールですが、渋谷から来るとちょうど坂をあがったところに「ポッ」と演奏会場の灯りが見えます。この風情はなかなか情緒があります 演奏会が始まる前の風景です。写真はホロヴィッツの演奏会とは関係ありません。NHK交響楽団の定期演奏会の始まる前です。ホールにいた係のお姉さんに聞いたら、演奏会の始まる前ならということで、写真を撮らせてもらいました。雑誌などでよく見る演奏会の写真は、演奏会場の横の壁に作られた小さな窓のようなところから撮ります。音が演奏の邪魔をしないようになっています 演奏会が始まる前の風景です。写真はホロヴィッツの演奏会とは関係ありません。NHK交響楽団の定期演奏会の始まる前です。ホールにいた係のお姉さんに聞いたら、演奏会の始まる前ならということで、写真を撮らせてもらいました。雑誌などでよく見る演奏会の写真は、演奏会場の横の壁に作られた小さな窓のようなところから撮ります。音が演奏の邪魔をしないようになっています

NHKホールで開催

 管理人がコンサート開催のニュースを聞いてまず最初に思ったのが、「えー、なぜにNHKホール」ということでした。それはNHKホールが悪いとは言いませんが、お世辞にもいいとも言えないホールだからです。紅白歌合戦をするにはいい会場かもしれませんが、とてもピアノのソロを聞くような場所ではありません。せっかくホロヴィッツが来るのに「もったいない」の一言です。
 プログラムに「ホロヴィッツの来日に寄せて」を寄稿している吉田秀和さんや当時の他の音楽雑誌などでも紹介されていますが、ホロヴィッツに来てもらうということは、大変なことです。
 身一つで来て、据え付けられたピアノの前に座ってポロンポロンと弾いてくれれば楽なのですが、そうはいきません。練習用のピアノが2台、本番用の特別に調整された専用のピアノが1台、スタインウェイからはホロヴィッツ専属の調律などをするスタッフ、身の回りを世話するスタッフ、それにホロヴィッツの場合はお気に入りのコックが付いてきます。当然、ホテルも超一流ホテルになり宿泊するだけではなく練習をするスペースも必要になってきます。
 あれやこれやを考えると、いったい5万円というチケット価格が高いのか安いのかわからなくなってしまいます。
 当日の演奏に関しては、音楽には素人の管理人より、もっとわかりやすく詳細に伝えてくれるページを見つけたのでそこへのリンクを貼っておきます。
 信天翁の熟睡 チケット争奪戦

ホロヴィッツが目の前で
ピアノを弾いている

 管理人がはるか昔の記憶をたどると、座った席のけっこう近くの前のほうにはサントリーの佐治敬三さんがいました。その他にも、なにかで顔を見たことのある有名人も何人かいました。
 そして、演奏会の始まる前のあの独特の静寂が訪れました。管理人はこの一瞬がたまらなく好きです。期待と不安が入り混じったような不思議な時間です。ホロヴィッツはよく写真で見るように背を真っ直ぐに伸ばし、腕を下げたようなスタイルで鍵盤を叩きます。「一つの鍵盤を7色に弾き分ける」と言われていましたが、正直に言うと音の違いはよくわかりません。
 この日の演奏については後日、吉田秀和さんが「ひびの入った骨董品」といった表現をしたせいもあり、出来がよくなかった、いや、よかった、などと話題になりました。ただ、管理人が思うにはそんなことを話題にする多くの人は実際にはコンサートに行ってない人たちです。
 目の前のホロヴィッツはたしかに鍵盤に指を乗せ、転がすように、ときには叩くように、音楽を生み出していきます。演奏会に行くということは、その瞬間に自分も同じ空間にいて、同じ時間を共有しているわけです。良いと言われる演奏も悪いといわれる演奏も実際にその瞬間に立ち会ってこそ感想というものが持てるわけで、録画や録音ではその場の空気感はとうてい把握出来ません。
 コンサートの良し悪しは、実際に聞いてからかなりの時間が経ってからようやく分かるものだと気がついたのは最近です。ホロヴィッツの演奏会は、そういう意味では管理人にとって、とても印象に残る良い時間でした。(2013-02月)

【ホロヴィッツ Photo Guide】
表紙です。白に金文字です 表紙です。白に金文字です 扉があり、見返しはブルーです 扉があり、見返しはブルーです
6月11日「土」午後8時開演 6月16日「木」午後8時開演 の文字があります 6月11日「土」午後8時開演 6月16日「木」午後8時開演 の文字があります 「ホロヴィッツ公演実行委員会委員長 」の佐治敬三さんの言葉が書かれています 「ホロヴィッツ公演実行委員会委員長 」の佐治敬三さんの言葉が書かれています
駐日米大使マイケル・J・マンスフィールドさんの寄稿文です 駐日米大使マイケル・J・マンスフィールドさんの寄稿文です 吉田秀和さんの「ホロヴィッツの来日によせて」の文の前半です 吉田秀和さんの「ホロヴィッツの来日によせて」の文の前半です
【スポンサードリンク】

 
中央写真

おなじみのホロヴィッツの写真です。注目したいのは「指」です。太くなった指先と盛り上がった関節が、ピアノからあの素晴らしい音楽を生み出すのでしょうか

中央写真

当日のプログラムです。ベートーベンのピアノソナタ28番 シューマンの謝肉祭より ショパンの幻想ポロネーズ ショパンの3つの練習曲 ショパンの英雄ポロネーズ このページは日本語です

吉田秀和さんの「ホロヴィッツの来日によせて」の文の後半です 吉田秀和さんの「ホロヴィッツの来日によせて」の文の後半です 当日のプログラムの英語で書かれたページです 当日のプログラムの英語で書かれたページです
寺西春雄さんのプログラム・ノートの前半です 寺西春雄さんのプログラム・ノートの前半です 寺西春雄さんのプログラム・ノートの後半です 寺西春雄さんのプログラム・ノートの後半です
小石忠男さんのホロヴィッツ 人と芸術の1ページ目です 小石忠男さんのホロヴィッツ 人と芸術の1ページ目です 小石忠男さんのホロヴィッツ 人と芸術の2ページ目です 小石忠男さんのホロヴィッツ 人と芸術の2ページ目です
小石忠男さんのホロヴィッツ 人と芸術の3ページ目です 小石忠男さんのホロヴィッツ 人と芸術の3ページ目です 小石忠男さん提供のホロヴィッツのサインです 小石忠男さん提供のホロヴィッツのサインです
佐治敬三さんが社長をしているサントリーの広告左ページです 佐治敬三さんが社長をしているサントリーの広告左ページです おなじくサントリーの広告右ページです おなじくサントリーの広告右ページです
三浦淳史さんのホロヴィッツ エピソード・ア・ラ・カルト1ページ目 三浦淳史さんのホロヴィッツ エピソード・ア・ラ・カルト1ページ目 三浦淳史さんのホロヴィッツ エピソード・ア・ラ・カルト2ページ目 三浦淳史さんのホロヴィッツ エピソード・ア・ラ・カルト2ページ目
三浦淳史さんのホロヴィッツ エピソード・ア・ラ・カルト3ページ目 三浦淳史さんのホロヴィッツ エピソード・ア・ラ・カルト3ページ目 ニューヨークフィルハーモニーと共演時の案内です ニューヨークフィルハーモニーと共演時の案内です
萩元晴彦さんの、ホロヴィッツはこう語ったの1ページ目です 萩元晴彦さんの、ホロヴィッツはこう語ったの1ページ目です 萩元晴彦さんの、ホロヴィッツはこう語ったの2ページ目です 萩元晴彦さんの、ホロヴィッツはこう語ったの2ページ目です
萩元晴彦さんの、ホロヴィッツはこう語ったの3ページ目です 萩元晴彦さんの、ホロヴィッツはこう語ったの3ページ目です メトロポリタン オペラハウスで行われた演奏会の案内です メトロポリタン オペラハウスで行われた演奏会の案内です
RCAの広告の左ページです RCAの広告の左ページです RCAの広告の右ページです RCAの広告の右ページです
ソニーの広告の左ページです ソニーの広告の左ページです ソニーの広告の右ページです ソニーの広告の右ページです
スタインウエイを扱う松尾楽器商会の広告です スタインウエイを扱う松尾楽器商会の広告です 東芝EMIのホロヴィッツ名演集の広告です 東芝EMIのホロヴィッツ名演集の広告です
ホロヴィッツ公演実行委員会 佐治敬三 朝比奈隆 今日出海の名前があります ホロヴィッツ公演実行委員会 佐治敬三 朝比奈隆 今日出海の名前があります 表紙の裏側です。右下に小さく金でサントリー株式会社の文字とマークが入っています 表紙の裏側です。右下に小さく金でサントリー株式会社の文字とマークが入っています
【スポンサードリンク】

中高年のチャレンジ目次

【素敵な中高年】

【中高年の幸せ発見】

【中高年の生涯学習】

【中高年の海外旅行】

【中高年の国内旅行】

【中高年に人気の街】

【中高年のマネーライフ】

【中高年の楽しい住まい】

【中高年のデジタルLIFE】

【中高年の趣味LIFE】

【中高年の車・バイク】

【懐かしい昭和の広告】

【中高年の学習】

【中高年の健康】

【中高年の食LIFE】

【その他】