タイトル左の写真

中高年の旧車バイク

 いまでは街中を見ていると、スクーターがたくさん走っています。しかし、中高年シニアの方が、オートバイにあこがれたころは、750cc=ナナハンの全盛期でしたね。
 ホンダCB750、カワサキZ2、スズキGT750などが次々に登場し「750ライダー」(CB750)や「あいつとララバイ」(Z2)などのバイク漫画も大人気でした。当時は、オートバイ業界の自主規制で750cc以上のバイクが販売できず、ナナハンが最高の大きさでした。現在と比べると個性的なバイクが多く、中高年シニアの方が昔欲しかった旧車バイクを購入してゆったり乗っている姿を見かけるとうれしくなりますね。

中高年の旧車オートバイ

 旧車で人気が高いホンダCB750やカワサキZ2が登場した前後には、個性的なバイクがたくさんありました。
 カワサキのMACH3(マッハ)と呼ばれた、2サイクル3気筒500cc。印象的だったのは赤いタンクに白い帯の入ったタイプです。2サイクルで低速域のパワーはまったくありませんでしたが、一度エンジンの回転数が上がると煙幕のような真っ白い煙を吐きながらナナハンでも抜き去ってしまうという恐ろしいマシンでした。
 「曲がらない、止まらない、まっすぐ走らない」などと巷では、噂されていました。信号待ちなどで停止すると、3本マフラーからポタポタと垂れるほどオイルを吹き出していたのが印象的でした。マフラーの先の下にはオイル抜きの穴が開いていて、そこからオイルを垂らしていました。
 一度だけですが、きれいにレストアされたマッハの750ccを見たことがあります。DOHC独特のガチャガチャガチャという音を出しながら、中高年の方が余裕で乗っていました。マッハの750ccは数が少なく珍しいのでじっと見つめてしまいました。なにしろ500ccでも速いのに、それが750ccになったので一種のモンスターマシンです。発売されていた期間も短いマシンです。
 同じ2サイクルマシンで、忘れてはならないのが、ヤマハのDX(250cc)とRX(350cc)です。車体は小さいながらも、これまた高回転域ではナナハンと遜色ないスピードを誇る名車でした。車体が軽く、バランスがいいマシンだったのでコーナーなどでは、上手に乗るとナナハン以上の走りが可能でした。こちらもやはり、青白い煙幕のような煙を出していました。RXにもそのずいぶん後に出たRZ350にも乗ったことがありますが、どちらかというとRXの方が速かった気がします。ただ、年代が経ってから感覚での比較なので、あまり信用できないような気がしますけど。
 ヤマハはたしか4サイクル2気筒のTX750をリリースしましたが、750ccでは4サイクルの4本マフラーが全盛だったので、いまいち印象度が薄いですね。
 それより、同じ4サイクル2気筒でロングストロークのXS650やXS650Eのほうを記憶している方のほうが多いのではないでしょうか。650Eではセルが付きましたが、初期型はセル無しで、豪快にキックをしてスタートしました。グリップ径がCB750に比べやや細かった記憶があり、アクセルを開くと独特の力強い音を出しながら加速していきました。コーナーでは、グニャリとする感覚が独特でした。
 ヤマハでは、その他にもトレールの名車DT1やDT2、そして360ccのデコンプが付き、ケッチンの恐ろしいRTなどがありましたね。スズキのハスラーシリーズとライバル関係にありました。
 まだまだ、スズキの2サイクル水冷エンジンで3気筒なのにマフラーが4本ある、GT750、GT380(ジーティーサンパチ)やCB750が小さくなったようなホンダCB350four、その後のスズキ・ガンマなど多くのバイクがありますが、写真のカワサキW1はそういった、旧車の中でも独自の世界を作っているマシンです。
 4サイクル2気筒の650ccで、特別早くもなく加速がいいわけでもない。それなのに、一部の熱狂的なファンのいるマシンです。W650として復刻もされたほどです。
 W1(ダブワンと呼ばれます)の魅力は、なんといっても2本のキャプトンマフラーから出される、独特の日本車らしくない排気音です。重厚で威圧感のある音で、回転が上がるとドッドッドッっという音からやや高い音に変わり、ドパパパパパと豪快に遠くに音が消えて行くのがわかります。
 ごく初期型のW1は、燃料タンクも2つに分かれていてガソリンコックが左右に1つずつありました。その両方を開けておかないと片肺運転になってしまうという古めかしい作りでした。振動が大きいせいか、ウインカーなどの電気系統もよく故障しましたが、それをわかっていても乗りたくなる魅力があるマシンです。
 どうでしょうか、中高年シニアの方、あこがれの旧車バイクでツーリングに出かけてみませんか。旧車を専門に扱うバイク屋さんもあるので、欲しかった名車を探してみてください。

スズキGT750のマフラーです。2サイクル3気筒のマシンですが、マフラーは4本出しになっています。海外でも「ウォーターバッファロー」(水牛)と呼ばれ、人気がありました スズキGT750のマフラーです。2サイクル3気筒のマシンですが、マフラーは4本出しになっています。海外でも「ウォーターバッファロー」(水牛)と呼ばれ、人気がありました
【中高年の旧車バイク Photo Guide】
街中できれいなW1を見かけました。うらやましいですね 街中できれいなW1を見かけました。うらやましいですね 高速での2人乗りが可能になったり、バイク環境も変わりました 高速での2人乗りが可能になったり、バイク環境も変わりました
独特の心地良い排気音を出すキャプトンマフラーです 独特の心地良い排気音を出すキャプトンマフラーです タンクからハンドルにかけてのフォルムも美しいW1です タンクからハンドルにかけてのフォルムも美しいW1です
レーサーレプリカとして、圧倒的なパワーのホンダのNSR250です レーサーレプリカとして、圧倒的なパワーのホンダのNSR250です スクーターもベスパなどの旧車が人気です。個性の塊といえます スクーターもベスパなどの旧車が人気です。個性の塊といえます
【スポンサードリンク】

 
中央写真

シートの形状などが、昔のオートバイを感じさせます。W1のころは、免許も中型などの区別がなく125ccで試験を受け合格すると明日から750ccに乗れてしまいました。中高年シニアの方がバイクに乗る際には、くれぐれも事故に気をつけてください

中央写真

中高年の方が皮のツナギ姿で、さっそうと乗っていました。Wディスクやカラーなどを見ると、W3のようです。車重が重く取り回しにも腕のいる車です。排気音が素晴らしいですね

中央写真

高速のSAで、キレイにレストアされたスズキGT750を見つけました。2サイクルの750(ナナハン)として、現在でも一部に熱烈なファンがいます。初期型は、もっと水冷板が大きかったように記憶しています。ホンダのCB750が、まだシングルのディスクブレーキだったころに、GT750はダブルディスクになり並走して走って同じタイミングでブレーキをかけるとかなり制動距離が短かった記憶があります。車重が250kgを超える大型のマシンです

【スポンサードリンク】

中高年のチャレンジ目次

【素敵な中高年】

【中高年の幸せ発見】

【中高年の生涯学習】

【中高年の海外旅行】

【中高年の国内旅行】

【中高年に人気の街】

【中高年のマネーライフ】

【中高年の楽しい住まい】

【中高年のデジタルLIFE】

【中高年の趣味LIFE】

【中高年の車・バイク】

【懐かしい昭和の広告】

【中高年の学習】

【中高年の健康】

【中高年の食LIFE】

【その他】