浪曲の魅力を再発見−中高年チャレンジ

【落語や漫才を凌ぐ人気の浪曲・浪花節】

 明治の初めに、浄瑠璃や説経節などを基にして大道芸として始まったのが浪曲。大阪の芸人、浪花伊助が大いに人気を博しそれにちなんで浮かれ節や浪花節とも呼ばれた。
 落語は話、講談は語りのみの芸だが、浪曲には「節」と呼ばれる歌の部分と「啖呵」と呼ばれるセリフの部分がある。それに三味線が入り、音楽も付くわけだから当時の庶民にとって、楽しめる芸として落語や講談、漫才を超える人気を得たのも当然といえる。
 東京・名古屋・大阪のには数多くの舞台があり、連日のように浪曲がかかり、多くの人を集めた。また一座を組み地方を巡業することも盛んに行われた。
 さらに、浪曲の人気を高めたのが1925年(大正14年)に始まったラジオ放送。全国に放送された浪曲は、あっというまに広まり1932年(昭和7年)にラジオを聞く人の実に57%が浪曲を一番好む番組として上げたほどだ。

浪曲師広沢飄右衛門をテーマにした珍しいマンガ。「自炊男爵飄々記」(山松ゆうきち 著)。浪曲の歴史や当時の雰囲気がわかる。飄右衛門は80歳を過ぎてから人気が出た、遅咲きの浪曲師
浪曲師広沢飄右衛門をテーマにした珍しいマンガ。「自炊男爵飄々記」(山松ゆうきち 著)。浪曲の歴史や当時の雰囲気がわかる。飄右衛門は80歳を過ぎてから人気が出た、遅咲きの浪曲師
【スポンサードリンク】

【戦中戦後の浪曲】

 戦中には「愛国浪曲」と呼ばれる国威発揚のための浪曲が作られたり、各戦場への慰問などで軍部に協力。戦後になるとGHQから、古い日本を象徴するとして疎まれたりもした。
 しかし、浪曲の人気は根強く、昭和20年代後半から昭和30年代初めにかけて再び最盛期を迎えた。この頃には全国で浪曲師が3000人以上もいたと言われる。
 NHKの「なかよし浪曲会」を初め、ラジオでは「浪花節天狗道場」「浪曲天狗道場」「浪曲歌合戦」など5番組同時期に放送されていたこともあるほどだ。

浪曲ではないが、皇紀年号の入った映画台本。国威発揚の名のもとに、あらゆるものが戦争に協力させられた。ちなみに皇紀2600年は、昭和15年。「零式艦上戦闘機」(ゼロ戦)の「零式」も海軍に制式採用された、この皇紀年号の末尾の数字からとられて名づけられた
浪曲ではないが、皇紀年号の入った映画台本。国威発揚の名のもとに、あらゆるものが戦争に協力させられた。ちなみに皇紀2600年は、昭和15年。「零式艦上戦闘機」(ゼロ戦)の「零式」も海軍に制式採用された、この皇紀年号の末尾の数字からとられて名づけられた。皇紀2598年ということは昭和13年 日本文化放送の「浪曲歌合戦」の舞台。番組によっては高額な賞金が出るものもあり、毎週多くの参加希望者がいた
日本文化放送の「浪曲歌合戦」の舞台。番組によっては高額な賞金が出るものもあり、毎週多くの参加希望者がいた
【スポンサードリンク】

【おすすめの浪曲】

 浪曲のネタは、侠客物、人情物、仇討ち物、親子物、戦争物と幅広い。涙あり、笑いありで好みも人それぞれ。
 切った張ったの威勢のいい侠客物なら二代目広沢虎造の清水の次郎長シリーズがCDも手に入りやすくおすすめ。「たびゆけば―」や森の石松を「バカは死ななきゃなおらない」などは、おなじみの一節だ。
 広沢虎造は東京の浪曲師だが、関西の浪曲師から一人上げると京山幸枝若。こちらもCDが手に入りやすく入門としてぴったり。
 幸枝若には戦争物や侠客物の「河内十人斬り」などもあるが、人情と涙、そして笑いが実にうまくミックスされた左甚五郎シリーズがおすすめ。「竹の水仙」「仙人坊主」そして「木彫の鯉」あたりなら誰にでも楽しめる。
 いわゆる浪曲以外に、歌謡浪曲と呼ばれるジャンルもある。こちらは、浪曲師から歌手になった三波春夫や村田英雄が有名。三波春夫の「俵星玄蕃」などは、まさに「芸」で、その基礎にあるのが浪曲。このあたりから聞き始めるのもおもしろい。

二代目広沢虎造のCDBOX。任侠物には渋い広沢虎造の声がぴったり
二代目広沢虎造のCDBOX。任侠物には渋い広沢虎造の声がぴったり 国定忠治や森の石松などおなじみの人物が登場
国定忠治や森の石松などおなじみの人物が登場 京山幸枝若の声には、艶がありケレン味のある浪曲
京山幸枝若の声には、艶がありケレン味のある浪曲 「左甚五郎」シリーズは、涙と笑いがある人情話
「左甚五郎」シリーズは、涙と笑いがある人情話
【スポンサードリンク】

中高年のチャレンジ目次

【素敵な中高年】

【中高年の幸せ発見】

【中高年の生涯学習】

【中高年の海外旅行】

【中高年の国内旅行】

【中高年に人気の街】

【中高年のマネーライフ】

【中高年の楽しい住まい】

【中高年のデジタルLIFE】

【中高年の趣味LIFE】

【中高年の車・バイク】

【中高年の学習】

【中高年の健康】

【中高年の食LIFE】

【その他】