タイトル左の写真

中高年の旧車・名車選び

 ベンツ、BMW、ポルシェ、スカイラインGT-R、フェアレディ、フェラーリ、キャデラックなど若い頃に憧れた車を選ぶ中高年シニアが増えています。経済的にゆとりが出てきたのと、家族がひとり立ちしたので多人数で乗れる車を選ぶ必然性が薄くなるせいでしょうか。2シーターのスポーツタイプやかつて憧れたビンテージカーなどに人気が集まっています。
 新車での購入ももちろんですが、今では市場で見かけることの少なくなった、箱型スカイラインのGT-Rや先進的なデザインのいすゞ117クーペ、トヨタ2000GT、ベレGといった車が中古車市場では高値で売り買いされています。やはりいつまでも夢を追い続けるのは楽しいですね。

スポーツタイプの車選びが人気です

 スポーツカータイプの車や高級感の漂うセダンなどが、中高年シニアの車選びでは人気です。経済的なゆとりが出てきて、ベンツやBMWといった高級外車の購入も検討できるようになってきた中高年シニアが増えています。

中高年シニアの車選 中高年シニアの車選びは夢を実現することが楽しいですね

 若い頃に憧れたビンテージカーを探す中高年も多いようです。GT-Rやスポーツタイプのベンツ、空冷タイプのポルシェなど、それぞれにファンがいてかなり古い車でもピカピカにレストアされて街中で走っている姿を見かけることがあります。

ユーノスロードスター かっこよさの定番ともいえる、マツダのユーノスロードスターです。ちょっと人目を惹くスポーツタイプの車を颯爽と乗りこなしたいですね

 中高年シニアの車選びでは実用性ももちろんですが、夢を実現できる喜びのほうが大きいようです。安心して乗るなら高級セダンやスポーツタイプの新車、手間と維持費を惜しまないなら、かつての名車・旧車に乗ることを考えて見るのも楽しいですね。
 車によってはファンクラブなどがある場合もあるので、同じ趣味の人たちと話すのも楽しそうです。

ドイツ車のBMW ドイツ車のBMWです。BMWもベンツももともとは航空機用のエンジンからスタートしました。大正時代の話です。初期の頃は、BMWが空冷エンジンを、ベンツが水冷エンジンを得意としていました。その名残で、BMWには空冷エンジンを積んだオートバイもありますが、ベンツにはオートバイはありません エンジンオイル 愛車を大切にするには、オイルの選択も大事です。指定された粘度のオイルを使用します。また、夏期、冬季など季節によってもオイルを変えたりするとエンジンにかかる負担を軽減することができます
【中高年の旧車・名車選び Photo Guide】
アルファロメオ アルファロメオです。イタリアの車はラインの美しさが光ります トヨタMR-2です トヨタMR-2です。ミッドシップのスポーツカーとして人気がありました
シボレーバイパー シボレーバイパーです。ロングノーズ大馬力のアメリカンです カウンタック カウンタックです。車に憧れた頃はちょうどスーパーカーブームでした
【スポンサードリンク】

 
中央写真

トヨタのスポーツカーMR-2Sは、車重が前後均等に配分されているミッドシップカーとして知られています。小気味の良いコーナリングと軽快な吹き上がりのエンジンでスタートダッシュの良さが自慢です。1984年から1999年まで発売されていました。テール側から見たラインの美しさも特筆ものです

中央写真

高速道路のSAで出会った、ものすごく美しくレストアされた旧車です。初代の「ビュイック・センチュリー」のようで、1936-1942年にかけて生産されていました。それにしても、旧車もここまでくればまるで走る宝石のようですね。

ビュイック・センチュリー 正面から見ても、現代の車にはない堂々とした風格が漂っています ビュイック・センチュリー 思いっきり飛び出したオーバーフェンダーも美しい曲線を描きます
ビュイック・センチュリー ライト類は丸型で大きく、古いアメリカ映画に出てくる車のようです ビュイック・センチュリー 後ろには「BUICK EIGHT」の文字が入った、エンブレムがありました
【スポンサードリンク】

中高年のチャレンジ目次

【素敵な中高年】

【中高年の幸せ発見】

【中高年の生涯学習】

【中高年の海外旅行】

【中高年の国内旅行】

【中高年に人気の街】

【中高年のマネーライフ】

【中高年の楽しい住まい】

【中高年のデジタルLIFE】

【中高年の趣味LIFE】

【中高年の車・バイク】

【懐かしい昭和の広告】

【中高年の学習】

【中高年の健康】

【中高年の食LIFE】

【その他】