タイトル左の写真

中高年シニアの洗顔

 年齢が高くなるとともに、張りやツヤがなくなってくる肌。とくに女性の場合は、普段から化粧をすることもあり気になります。
 お肌のケアを謳う化粧品は数多くありますが、特別な化粧品を使わずに洗顔方法を工夫するだけでもかなりの効果が望めます。男性、女性を問わず適切な洗顔で顔の皮膚についた汚れを落とし保湿をするだけで年齢が若く見えます。お金もかからないので、気軽にチャレンジしてみてください。周りから「なんかさっぱりして、若くなったね」と言われれば、女性も男性もやはりうれしいものです。

中高年の洗顔はこすらない

 洗顔で一番誤解されているのが、こすって汚れを落とすということです。中高年シニアの洗顔では、あまり肌をこすらないのがコツです。顔の肌を強くこすると、皮膚が赤くなったりかさかさになったりします。
 洗顔用の石鹸を手で揉んで泡立てたら、その泡を顔の上にふんわりと乗せるようにします。そして、肌をこするのではなく手と肌の間に泡をはさんで転がすように全体に広げます。

洗顔が終わったら、刺激の少ない保湿用の化粧品などを使用します。自然の素材を使った、肌に優しいものがおすすめです 洗顔が終わったら、刺激の少ない保湿用の化粧品などを使用します。自然の素材を使った、肌に優しいものがおすすめです

 とくに大切なのが、汚れやくすみの目立ちやすい目尻や口元、鼻の横などです。泡でマッサージをするような感じで、何回も気になる部分をケアしてみてください。毛穴から汚れが浮き出てきます。
 女性の場合は、パックなどと併用するとさらに効果的です。肌を湯などで蒸らすとさらに汚れが落ちやすくなります。
 皮脂の多さや毛穴の大きさには個人差があるので、洗顔用の石鹸に自分に合ったものを選ぶことも大切です。

しっかりと顔全体を乾燥から守ります。このとき、いっしょに軽く顔のマッサージをするのも効果的です。マサージのコツは、常に下から上へと指先を動かすことです しっかりと顔全体を乾燥から守ります。このとき、いっしょに軽く顔のマッサージをするのも効果的です。マサージのコツは、常に下から上へと指先を動かすことです

 肌のツヤや張りを保つのに重要なのは、栄養分ではなく水分です。乾燥肌の人がカサカサになりやすいのをみてもわかると思います。そのため、洗顔の後の保湿にも気を配ります。
 中高年シニアの方には、自然に近く刺激性の少ない保湿用品がおすすめです。オリーブオイルなどは、古くから肌や髪の毛を守るために使われてきているので安心して使えます。オリーブオイルも以前は、ベタベタするものが多かったようですが最近ではさっぱりとして、べたつかないものも出てきました。

女性なら、お風呂に入りながら顔をパックするのも効果的です。入浴時には湯船からの湯気で、全体に汚れが落ちやすくなっています 女性なら、お風呂に入りながら顔をパックするのも効果的です。入浴時には湯船からの湯気で、全体に汚れが落ちやすくなっています
【中高年の洗顔 Photo Guide】
最初にお湯だけで軽く洗顔をします。こすってはいけません 最初にお湯だけで軽く洗顔をします。こすってはいけません 顔全体にしっかりと水分を含ませて、汚れを蒸らすようにします 顔全体にしっかりと水分を含ませて、汚れを蒸らすようにします
顔に直接石鹸を塗るのではなく、手の中で泡を作ります 顔に直接石鹸を塗るのではなく、手の中で泡を作ります 泡を顔に置いていくように、広げていきます 泡を顔に置いていくように、広げていきます
【スポンサードリンク】

 
中央写真

目尻や口元、鼻の横などの汚れの溜まりやすいところは何回も泡でそっとマッサージをします。そうすると、毛穴の奥に入っている汚れも浮き上がってきます

【スポンサードリンク】

中高年のチャレンジ目次

【素敵な中高年】

【中高年の幸せ発見】

【中高年の生涯学習】

【中高年の海外旅行】

【中高年の国内旅行】

【中高年に人気の街】

【中高年のマネーライフ】

【中高年の楽しい住まい】

【中高年のデジタルLIFE】

【中高年の趣味LIFE】

【中高年の車・バイク】

【懐かしい昭和の広告】

【中高年の学習】

【中高年の健康】

【中高年の食LIFE】

【その他】