タイトル左の写真

中高年の映画

 最近映画を見ましたか? 以前はロードショー館や限定上映館などいくつかの種類があって、選ぶ楽しみがありました。しかし1990年代後半に確立されてきた複合上映館・・・いわゆるシネコンの登場により事情が変わってきました。かつて映画には「第8の芸術」とも呼ばれた時代もありました。
 音響やスクリーンのクォリティは向上したのでしょうが70年代に全盛を誇ったシネラマのような迫力は到底望めなくなりました。まあ、あれは前の席で見ると首が疲れましたけどね。それと、これが最大の変更点なんですが入れ替え制になってしまった事です。

中高年の映画鑑賞

 以前は、最初の上映から最終まで好きな席で自由に観賞できたのですが、それが無くなってしまいました。
 ですから万一居眠りなんかしようものなら悲惨な結果になってしまいます。
 また、オールナイト上映も無くなりましたね。土曜日の一般上映が終わった後、たいてい次回上映作品の先行上映として実施されていました。心行くまで観賞して始発で帰宅するという楽しみも過去の出来事になってしまいました。
 今はレイトショーとして終電前に終了するのが普通みたいです。一部に残っている一般上映館も、そのうちシネコンに統廃合されていく事になるのでしょうか。

各地にあるワーナーマイカルシネマなどのシネコンでは、複数の上映スクリーンを持ち、話題作を上映しています。最終回のレイトショーは料金が安くなります 各地にあるワーナーマイカルシネマなどのシネコンでは、複数の上映スクリーンを持ち、話題作を上映しています。最終回のレイトショーは料金が安くなります

 シネコンになって良くなった事は座席配置の改善、全体のクリーンな事、それと立ち見が無い事です。
 売店のフード類も少しはマシになったかもしれません。以前はホットドッグのソーセージなんか外側はアツアツなのに中は凍ってたりしました。
 迫力ある映像と音響を楽しみたいのなら、やはり映画館に足を運ぶ事をお勧めします。

名門映画館として知られる、新宿のピカデリーもすっかり近代的なビルになりました 名門映画館として知られる、新宿のピカデリーもすっかり近代的なビルになりました

 ホームシアターシステムが設置されている家庭があったとしても、映画館との次元の違いは歴然です。
 シニア層には「シニア割引」という嬉しいシステムがあります。これはドンドン利用すべきです。
 60歳以上のシニアは身分証の提示によって¥1000に割引されるのです。これで上映作品がアタリなら、こんなに安上がりな娯楽は他にありません。
 さあ、お目当ての上映館にさっそく出かけましょう。

【中高年の映画 Photo Guide】
かつては映画撮影所が集まり、「東洋のハリウッド」とも呼ばれたのが、東京調布の街です。調布駅近くにある、往年の名作の映画看板を復刻したものです かつては映画撮影所が集まり、「東洋のハリウッド」とも呼ばれたのが、東京調布の街です。調布駅近くにある、往年の名作の映画看板を復刻したものです 時代劇映画やテレビなどがよく撮影される、京都の東映太秦(おおみなと)映画村です。テーマパークのようになっていてセットなどを見学もできます 時代劇映画やテレビなどがよく撮影される、京都の東映太秦(おおみなと)映画村です。テーマパークのようになっていてセットなどを見学もできます
京王線府中駅にあるTOHOシネマズです 京王線府中駅にあるTOHOシネマズです さいたま新都心駅近くにあるMOVIXです さいたま新都心駅近くにあるMOVIXです
【スポンサードリンク】

 
中央写真

東京・調布市に残る日活撮影所です。日活芸術学院もこの中にあります

【スポンサードリンク】

中高年のチャレンジ目次

【素敵な中高年】

【中高年の幸せ発見】

【中高年の生涯学習】

【中高年の海外旅行】

【中高年の国内旅行】

【中高年に人気の街】

【中高年のマネーライフ】

【中高年の楽しい住まい】

【中高年のデジタルLIFE】

【中高年の趣味LIFE】

【中高年の車・バイク】

【懐かしい昭和の広告】

【中高年の学習】

【中高年の健康】

【中高年の食LIFE】

【その他】