タイトル左の写真

中高年の無料でブラインドタッチ

 パソコンのキーボードをあまり見ずにシャカシャカと、タイピングしている人を見かけたことはありませんか。ブラインドタッチと呼ばれる技術です。インターネットの中には、ブラインドタッチを無料で練習できるサイトやダウンロードしてブラインドタッチの練習できるソフトがたくさんあります。
 ブラインドタッチができると、文字を打つ速度が早くなるだけではなく、疲れが少なく長時間キーボードに向かうことも可能になります。練習をすれば、中高年シニアの方でもできるようになるので、ぜひチャレンジしてみてください。一度覚えてしまうと便利です。

無料ブラインドタッチを練習

 ブラインドタッチを無料で練習するには、大きく分けて2通りの方法があります。1つはインターネット上にある、webサイトを利用する方法です。
 時間のあるときなどに、そのwebサイトに接続すればいつでも練習することが可能です。中高年シニアの方が練習するwebサイトを探す際に注意したいのが、どのレベルからの練習が可能かです。キーの位置すらハッキリとわからない初心者向けのものから、ある程度タイピングが出来る人向けの中・上級者向けなどいくつものサイトがあります。グーグルやヤフーの検索窓に「無料 ブラインドタッチ 練習」などのキーワードを入れて検索すると、自分のレベルにあった人気の練習サイトが見つかると思います。
 初心者の場合のブラインドタッチは、ホームポジションと呼ばれる位置に指を置くことから始まります。この部分にスペースをさいている、無料でタイピングが学べるサイトがおすすめです。

blindtouch01.jpg 文字を早く打つには、ブラインドタッチだけではなくFEP(かな漢字変換システムのことです=フロンロエンドプロセッサーや短くしてフェップなどと読みます)を自分に最適化することも重要です。辞書登録なども活用して、よく打ち込む文字列を短くするなども効果があります。なお、FEP本来の意味は、Front End Processerとよばれ、先行して処理をすることを指します

 2つ目が、無料のソフトをダウンロードして自分のパソコンならいつでもタイピングの練習ができるようにすることです。この場合の利点は、いったんソフトをダウンロードして自分のパソコンにインストールしてしまえば、インターネットに接続してなくてもタイピングの練習ができることです。こちらは「無料 ブラインドタッチ 練習」や「ブラインドタッチ 練習 フリーソフト」などと検索窓に入力して探してみてください。
 さまざまなフリーソフトがありますが、こちらも中高年シニアの方は自分のレベルに合わせたソフトを選ぶことが大切です。初級からはじまり、じょじょにレベルアップが出来る便利なソフトなどもあります。

たいていのソフトの場合、ショートカットキーと呼ばれる、短縮したキー操作でざまざまなことができる機能が搭載されています。 たいていのソフトの場合、ショートカットキーと呼ばれる、短縮したキー操作でざまざまなことができる機能が搭載されています。その中でも「Ctrl+◯キー」というのは、代表的なショートカットキーです。「Ctrl+A」キーが全選択、「Ctrl+C」キーがコピー、「Ctrl+V」キーが貼りつけ、「Ctrl+X」キーが切り取りなどは、ほとんどのソフトで共通のキー操作です。「Ctrl」キーに関連するショートカットキーを覚えるだけでも、キー入力の効率化ができます

 単調になりがちな、タイピングの練習に面白さを加味したのがゲーム的な要素を取り入れたタイプです。回転寿司や格闘技などをしながら、知らず知らずのうちにタイピングが上達するという設定です。
 webサイトタイプにもダウンロードタイプにも、同じようにゲーム性のある無料でブラインドタッチの練習ができるソフトがあります。
 大量にパソコンで文章を打つ方や頻繁にパソコンを使用する方などは、ブラインドタッチを習得しておけばストレスの軽減にもなるので、ぜひチャレンジしてみてください。また、ブラインドタッチができる人のほうが、誤変換や打ち間違いなども少なくなる傾向があります。

【中高年の無料でブラインドタッチ Photo Guide】
ホームポジションなどの解説がしっかりしているサイトを選びます ホームポジションなどの解説がしっかりしているサイトを選びます ゲーム感覚でブラインドタッチが学べるサイトもあります ゲーム感覚でブラインドタッチが学べるサイトもあります
画面に写るキーボードや指位置の表現方法もさまざまです 画面に写るキーボードや指位置の表現方法もさまざまです ブラインドタッチができると、PCに向かうのが楽しくなります ブラインドタッチができると、PCに向かうのが楽しくなります
【スポンサードリンク】

 
中央写真

ブラインドタッチの場合、ピアノなどと同じように、基本的にどのキーはどの指で押すかが決められています。基本をマスターしたら、そこに自分なりのアレンジなどを加えるとさらに使い勝手が良くなります。さらに、パソコンではキーの役割変更なども可能なので、F(ファンクション)キーなどを自分好みに設定変更することも可能です。ブラインドタッチは、中高年の方でも思っているより簡単にできるようになります。何歳からでもチャレンジしてみることをおすすめします

【スポンサードリンク】

中高年のチャレンジ目次

【素敵な中高年】

【中高年の幸せ発見】

【中高年の生涯学習】

【中高年の海外旅行】

【中高年の国内旅行】

【中高年に人気の街】

【中高年のマネーライフ】

【中高年の楽しい住まい】

【中高年のデジタルLIFE】

【中高年の趣味LIFE】

【中高年の車・バイク】

【懐かしい昭和の広告】

【中高年の学習】

【中高年の健康】

【中高年の食LIFE】

【その他】