タイトル左の写真

中高年・シニアの吉祥寺

 学園闘争やベトナム戦争、ビートルズ、三島由紀夫事件(※注)など中高年シニアの方の記憶に残る出来事は数多くあります。そんな中で、「五つの赤い風船」、高石友也、遠藤賢司、小室等、フォーク・クルセダーズ、高田渡(※注)などのフォークソングがブームになりました。
 そして、高田渡、中山ラビ、加川良、なぎらけんいちなどの面々が集まった街が吉祥寺です。中高年・シニアの方にとっては思い出の詰まった街といえます。現在では、吉祥寺もずいぶん変わりましたが、ハモニカ横丁などがそのままで昔ながらの雰囲気を残しています。ぜひいちど吉祥寺に足を運んでみてはいかがでしょうか。

中高年・シニアの吉祥寺

 吉祥寺もずいぶん変わりました。伊勢丹や近鉄百貨店はなくなり、駅ビルのロンロンもアトレになりました。
 昔は、吉祥寺のたまり場ともいえる場所だった喫茶店の「ボガ」がなくなり、珈琲通にはよく知られた「モカ」も閉店してしまいました。「モカ」では、トランプのキングが描かれた大型のマッチ箱をくれ、中に1粒だけコーヒー豆が入っていたのがオシャレでしたね。
 クラシック音楽好きに親しまれていたのが、「コンツェルト」という音楽喫茶でした。サンロード商店街の奥のほうにあり、音大の女子大生がお客さんのリクエスト曲をレコードプレーヤーにのせてかけてくれました。
 この音大生目当てに通う輩も多かったようで、通俗名曲をリクエストして音大生に舐められてはいけないと思うのか、「おいおい、ほんとにこんな曲聞いたことあるのか?」というような、難しく難解な現代曲やモーツアルトのほとんど演奏されることのない小さな曲も普通によくかかっていました。
 現在は、「コピス吉祥寺」や「武蔵野市立吉祥寺美術館」が入っているビルは改修前は伊勢丹でした。そして、伊勢丹が入る以前にここの確か2階にあったのが「檸檬」(れもん)というカフェです。年配のご主人がコーヒーを持ってきてくれるのですが、それがカップの縁ぎりぎりまで溢れるように注がれています。よくもこぼさないものだと、毎回感心していました。
 店名の「檸檬」を見て、すぐに思った方も多いと思いますが、このご主人は小説「檸檬」を書いた梶井基次郎の大ファンであったようです。店内には、梶井基次郎の短冊がさり気なく飾られていました。

「井の頭池でボートに乗ったカップルは別かれる」「弁財天にお詣りをしたカップルは弁財天様がヤキモチを焼いて破局する」など、懐かしい井の頭公園の都市伝説ですね 井の頭池でボートに乗ったカップルは別かれる」「弁財天にお詣りをしたカップルは弁財天様がヤキモチを焼いて破局する」など、懐かしい井の頭公園の都市伝説ですね

 街の一角で、あんがい昔と変わらないのが「ハモニカ横丁」です。もちろん以前ほどの店舗数はないですが、ときおり高田渡さんなども呑んだくれてた「笹の葉」などが健在です。高田渡さんはビリヤードが好きで、吉祥寺にあったビリヤード場にもよく現れました。
 バブルの頃には、すぐになくなってしまうかと思えた一角ですが、しぶとく生き残りましたね。今となっては、整然と整頓された街並みよりも魅力的です。吉祥寺が吉祥寺らしい姿を保つためには、必要なエリアといえます。

秋祭りでは、吉祥寺の駅前まで神輿が入ってきます 秋祭りでは、吉祥寺の駅前まで神輿が入ってきます

 今の中高年シニアの方が若かった頃に、たぶん長髪でギターを掻き鳴らした井の頭公園はベンチなどが整備され綺麗になりましたがそのままの雰囲気を残しています。文化園の象の「花子」も相変わらず、毎日子供たちに向かって長い鼻を伸ばしています。
 高田渡さんや武蔵野タンポポ団が根城にしていた「ぐゎらん堂」はなくなってしまいましたが、その通りは最近では吉祥寺でいちばん変化の大きな通りと言えます。店舗が増え、おしゃれなレストランやファッション系の店が並んでいます。
 中高年・シニアの方で久しぶりに吉祥寺をのぞいてみようか、という方はぜひこのエリアまで足を伸ばしてみてください。
※注 三島由紀夫事件 1970年11月25日、ノーベル賞候補にもなった作家の三島由紀夫が「楯の会」のメンバーとともに新宿の市ヶ谷駐屯地の総監室を占拠、自衛隊に決起を即す演説をした事件。その後、三島由紀夫はその場で割腹自殺、当時の多くの人に衝撃を与えました。
※注 高田渡 吉祥寺フォークの代表的な存在。1970年ごろに京都から吉祥寺に活動拠点を移転。京都時代には、イノダコーヒが歌詞に出てくる「コーヒーブルース」を創りました。「自衛隊に入ろう」「自転車にのって」などの曲があります。吉祥寺ではビリヤード屋などにもよく出入りしていました。

2009年に出された、ロンロンからアトレに変わるお知らせのポスターです 2009年に出された、ロンロンからアトレに変わるお知らせのポスターです
【中高年・シニアの吉祥寺 Photo Guide】
駅ビルもロンロンからアトレに変わりました 駅ビルもロンロンからアトレに変わりました 相変わらず平日でも多くの人出で賑わう吉祥寺です 相変わらず平日でも多くの人出で賑わう吉祥寺です
文化園の入り口です。年間パスポートもできました 文化園の入り口です。年間パスポートもできました 象の花子です。長い鼻で愛嬌をふりまく人気者です 象の花子です。長い鼻で愛嬌をふりまく人気者です
【スポンサードリンク】

 
中央写真

JR駅北口を出ると、すぐに目につくのが「ハモニカ横丁」の入り口の看板です。看板はきれいですが、中はわりに昔の雰囲気が残っています。探検するつもりで入ってみてください

【スポンサードリンク】

中高年のチャレンジ目次

【素敵な中高年】

【中高年の幸せ発見】

【中高年の生涯学習】

【中高年の海外旅行】

【中高年の国内旅行】

【中高年に人気の街】

【中高年のマネーライフ】

【中高年の楽しい住まい】

【中高年のデジタルLIFE】

【中高年の趣味LIFE】

【中高年の車・バイク】

【懐かしい昭和の広告】

【中高年の学習】

【中高年の健康】

【中高年の食LIFE】

【その他】